おすすめ記事!

こっちもおすすめ!

SS

日本の暗号通貨ゲームスタートアップが2400万ドル超を調達

 

ダブルジャンプ社は、ブロックチェーンを利用した日本発のゲーム会社です。同社は大手ゲーム事業者と新作ゲームの制作を急ぐために、暗号通貨を手段として利用することになりました。

暗号通貨は、多くの投資を上向きにさせる交換媒体として、ますます人気が高まっています。人気の背景には、その非中央集権的な性質があります。これは、政府や中央機関が暗号通貨トランザクションを制御できないことを意味します。

暗号通貨に関わる成功談ほど素晴らしいものはありません。ここでは、この素晴らしい会社がブロックチェーン技術の別の製品をどのように構築したかを示す仮想通貨ニュースを紹介します。

ダブルジャンプ社の資金調達は、暗号通貨の功績と評価されている

日本のベンチャーキャピタルであるAmber GroupとJafcoは、米国のJump Tradingの一部門であるJump Cryptoとともに、シリーズCラウンドの投資を主導しました。

日本の広告大手電通のベンチャーキャピタル部門、韓国のゲーム事業者WeMade、中国のベンチャーキャピタルFenbushi Capitalなどがパートナーとして名を連ねています。

「調達した30億円は、大手ゲーム会社とのIPベースのブロックチェーンゲームの共同開発や、基盤となる製品、パートナー企業、分散型自律組織(DAO)プロジェクトへの投資に充てる」と、CEOの上野広伸氏は述べています。

創業の経緯

モブキャストの元幹部である上野氏は、2018年にダブルジャンプ社を設立しました。プレイヤーがオブジェクトやキャラクターをノンファンジブルトークンで交換することができるロールプレイングゲーム「My Crypto Heroes」は、ダブルジャンプ社が制作した多くの暗号通貨ゲームの1つです。

バンダイナムコエンターテインメントとセガは、日本でファイナルファンタジーとドラゴンクエストのフランチャイズを制作しているスクウェア・エニックスとの共同事業も発表しています。セガとバンダイナムコは、ともにダブルジャンプに出資しています。

東南アジアでは、絵や芸術の形をしたもう一つの仮想資産であるNFTを貸し出す組織が成長しているため、暗号通貨ゲームの人気が高まっています。

暗号通貨ゲームの未来

それでも、業界ウォッチャーは、胎動するこの分野では、カジュアルなプレイヤーを惹きつけることができる高品質のゲームがまだ生み出されていないと主張しています。そのため、プレイヤーはビットコインをゲームに再投資するのではなく、利益を現金化することがほとんどで、長期的な生存率に疑問符がついています。

日本では、暗号通貨に対する厳しい規制があり、取引所へのコインの投入基準や不利な税制があるにもかかわらず、日本企業の間には激しいライバル関係が存在します。

先週初め、シンガポールの暗号通貨ゲーム会社Digital Entertainment Asset社は、多数の新しいコミックシリーズと提携し、そのキャラクターのNFTを作成することを発表しました。

「ゲームを作るには通常3年から4年かかる」と、共同創設者兼共同CEOの山田耕三氏は東京でのニュース記者会見で言及しました。

同氏はまた「今年は4本の新作を発表しますが、2022年に一定レベルのクオリティになることは、圧倒的な競争力になります。他社がトークンエコノミーモデルを研究し、大型タイトルを開発する中、我々は市場を掴んでいきます」とも述べました。

仮想通貨のニュースはまだまだあり、このニュースは業界の今後を知ることができるいくつかのうちの1つに過ぎません。

新規更新記事

-SS

© 2022 新5chまとめ速報-ネオ速-

%d bloggers like this: